page top
HOME » 新着情報 » マイスターブログ » 京都店建築工事揉めてます・・・

車磨き研究所の新着情報

京都店建築工事揉めてます・・・

2019年04月15日|マイスターブログ

今更ながら京都店の建築工事大詰めに来て揉めています・・・

 

この工務店実は弊社の建築事業部の取引先の某ハウスメーカーの社長から、

同系列のハウスメーカーを有する京都では老舗且つ大規模な工務店を紹介いただいた事から始まりました!

バッシングしてもしょうがないので実名は非公開。

 

当初はここまで予算をかけるつもりはありませんでしたので、

居抜き物件を探していて、

京都南IC近くに重量鉄骨作り2階建て住居併用の物件が見つかり、

色々問題点もありましたが購入する事に決めましたけれど、

最終確認に行ってみるとその前に来た台風により内部はほぼ全域で雨漏り・・・

同行した工務店のリフォーム担当者曰く、

「これ直すとなると1.000万は軽く掛かりますから買わないほうがいいですよ・・・」

との事で、営業部長にその事を伝えると、

「先方の不動産屋になんと言って断ればいいのか・・・」

買い手の事より自分の立場が心配・・・

 

これを教訓に居抜きはやめ新築に切り替え土地を探してもらいましたが、

新築の場合京都のがんじがらめの都市計画区分により希望地では無理で、選

択肢も無く今の土地の購入に決定しました。

当初は更に200万の値引きが可能といっておきながら、

いざ契約になるとその話は無かった事に・・・

しかも契約は当方の銀行にて行うと言い張って、

司法書士と営業部長の交通費&上諏訪温泉宿泊代を負担しろと言って来ましたが、

銀行側もそんな話聞いた事がないので、

双方取引銀行待機で送金完了を持って手続きを開始し書類は郵送でやり取りを!

と主張しましたが、

相手の強引さに結局は言いなりにされました・・・

 

土地が狭所地のため、

当初は3階建てプランで進みましたが、

何せ見積もりが遅く確認申請直前でギリギリ出てきましたが、

MAX予算伝えてあったのも関わらず、

1.500万からのオーバー・・・

とても無理という事で、

急遽2階建てに変更してやはり確認申請となりましたが、

今回は勝手に申請を行っていてその後見積もり提示でしたけれど、

今回も500万オーバー

施主の予算など無視です・・・

 

言い成りになるわけには行きませんから、

申請をストップさせプラン変更をすると、

予算内でプラン出来ました!」

との事で見てみると、

必要とされているものが削除され予算に合わせただけ・・・

「これなら他をあたる・・・」

と断りを入れると、

「もう1週間待ってください!」

との事で、

再提出された見積もりは値引きや部材ランクの見直し等で、

必要なものは一応揃っていましたので、

これでOKとし確認申請・契約となりました!

 

この段階までもレスポンスは悪いですし、

担当の1人を除いてはプロというにはあまりにずさんと感じてはいましたが、

工事始まってみると更にレスポンスは悪くなり、

部材発注の遅れから工期も曖昧に・・・

基礎工事は弊社が直接行い、

工場土間は仕上げコテまで終了しているのに、

上棟後現場を見ると度は何も養生されていない

足場も安全基準満たしているところ1箇所も無し・・・

現場監督に注意しても、

こんなもんですよ!」

しかも工事関係車両は正面道路に数珠繋ぎで路駐

職人は誰一人ヘルメット着用も無し・・・

この会社のコンプライアンスはどうなっているの?

 

その後工事は進めど、

工事工程表の提示はいくら求めても、

「今は無理・・・」

最終予算所の提示も、

何人もに催促を入れども3週間音沙汰無し・・・

 

内部があらかた出来てきたので確認してみると、

石膏ボードはチリが合っていなかったり欠けが有ったり

ビス揉み周辺が盛り上がっていたり・・・

施工不具合箇所は数知れず

この工事中にオネイはお座敷でこの工務店社長の悪評判を聞いてきたうえに、

お兄さんが大工でお兄さん曰く、

「何であんなとことで建てたの、在来工務店と言っているけど、

レベルはハウスメーカー程度の力量しか技術的には無いよ・・・」

 

だんだん不安になり、

今までの経過を弊社建築事業部取引先や車のお客様のゼネコン工務店関係者にお話をしてみると、

全員が同じ感想を

「今時そんな大手工務店があるの、1から10まで全部駄目じゃん・・・」

「長野県で言えば20年前の個人請負大工のレベルだよ・・・」

「隠蔽部はどんな事してるか信用できないね・・・」

「最終金払わずに、引き取り拒否で相手の出方を待つほうが良いよ!」

「最後は、大人の話し合い、つまりお金の話しかないね・・・」

とのこと。

 

更には、工事終了近づいていますので、

保険会社から火災・地震保険の契約始めるとの事で必要書類を提出してもらったら、

「この建物公的に耐震等級3の書類は出ないですから、

保険は耐震等級1となります・・・」

との保険会社からの回答でしたが、

工務店からは結果の報告も無し・・・

契約以前の打ち合わせ段階から、

工務店側は一貫して、

「この建物は耐震等級3ですから!」

と言い続け結果、

「この建物商業物件ですから、公的証明は出ませんが、

工法本部強度計算で耐震等級3になっていますから大丈夫です!」

と言いますが、

実はこの段階まで商業物件耐震証明出ない事を知らなかったそうです・・・

素人か?

弊社は耐震等級3で地震保険を想定して来ていましたので、

この部分でも予算オーバー・・・

と言うより、

公的証明が無いくせにいまだに耐震等級3と言い続けるのはタダの言い訳

 

現在消費税駆け込みで多くの方が新築行っていますが、

消費税2%を回避するために、

駆け足でプランを作り着工して完工する事を優先してしまいますと、

弊社のように足元をすくわれ後戻りできない事が起こりえますよ・・・

普通は一生に一度しかも数千万掛けて行うことですので、

納得がいかない場合はそこで総てストップさせて、

問題解決して次に進むようにしないと、

最終的には後悔・妥協の産物となってしまいます

契約前の段階で疑問点や可笑しいと思われる事は、

多分その会社もしくは担当者に問題ありきの可能性高いですから、

場合によっては一からの仕切り直しをしたほうが良いかも?

 

今回の事で教訓になりましたが、誰が紹介者であったとしても、

だからと言って誠意意的対応になるとは限りませんし、

逆に紹介者の顔をつぶす事を恐れてなかなか文句も言えなくなりますから、

逆にしがらみに縛られないほうが良いですね!

今日紹介者の会社幹部から、

紹介者に今のごたごた報告が挙がるそうですが、

それにより紹介者と照会先ハウスメーカーと工事行っている工務店がどう対処するのか?

あー面倒くさい・・・

#

月別バックナンバー

今すぐ予約!お問い合わせもお気軽に お電話の方 0266-44-2791 お問い合わせフォームはこちら
特選デモカーお売りします!
お客様へのお願い
お客様向け事故対応サービス
会員専用ページ
Club Crusaders Club
独立開業・新規事業展開を強力にサポートします
磨き&コーティングの秘密 マイスターの研究レポート
車好きでやる気のある「磨きスタッフ」募集!

車磨き研究所の施工エリア

施工対応エリアのマップ

長野県(長野市、松本市、上田市、飯田市、佐久市、安曇野市、伊那市、塩尻市、茅野市、諏訪市、軽井沢町など)、東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、新潟県
※その他のエリアについてもお気軽にご相談ください。

施工エリアの詳細はこちら

このページの先頭へ