page top
HOME » 新着情報 » 最新情報 » 中国製マスクの危険性が問題になっています・・・

車磨き研究所の新着情報

中国製マスクの危険性が問題になっています・・・

2020年05月02日|最新情報

弊社も取り扱っています中国製マスクが今世界的に製品品質で問題となっております・・・

一時は中国製マスクでさえ日本国内ではほとんどない品薄状態になっていましたが、

4月中旬以降急激に一部市場に出回りましたし、

時を同じくして台湾製マスクも大量に日本市場に流入してきています!

 

TV報道でも東京都内の、

一部商店街のドラックストアではない雑貨屋さんや飲食店などでも大量に販売されていますし、

1週間ほど前には、

それらのお店の現販売価格は弊社の1/2程度の格安マスクも大量に出回りました

正直弊社もマスクを販売する中で、

価格的に勝負にならないから、マスクもこれで売れないな・・・」

と思っていましたら、

何やら黒いうわさ話が中国筋や商社筋や日本のマスク協会から聞こえてきます・・・

 

3月までは中国ではマスクの民での輸出は国から禁止されていましたが、

中国政府は欧州支援としてマスクを大量に援助物資として供給していましたけれど、

その中にアベノマスクのような問題が発覚し返品されてしまいました・・・

つまりマスクが中国国内でだぶつき始めました

ほぼ同時期に、

中国政府は禁止していた医療衛生関連商品の輸出許可を出しましたが、

この際結構厳格に製品規格の検査基準を定め税関での検品も行われ始めたそうですが、

このわずかなタイムラグをついて、

中国国内では製造から1年以上経過しているますの販売を禁止しているそうですけれど、

その販売できないマスクが大量に在庫されていて、

今までマスクの輸入には全くかかわっていなかった商社が、

それらを買い付け日本国内に持ち込まれたものが、

どうやら上記した一時安く出回ったマスクのようだそうです・・・

 

これより少し前に、弊社取引先である光触媒メーカーが、

価格につられて付き合いの無い商社からの営業の口車に乗り

5万枚のマスクを仕入れ検品してみると、

ほぼ全ての箱に異物混入や黄ばみが見られ、

不安になりマスクの性能試験に出すと結果は、

使用されていた不織布はマスクでの使用が禁止されているもので、

製造から10年以上が経過していると思われ、

しかも発癌物質まで検出されてしまったとか・・・

 

事実を商社に問いただすと、

安い価格で買っているのだから、当然リスクはあるのは当たり前!」

ブラックマーケットの品なのだからしょうがないでしょう。」

「そもそもマスクが安い価格で手に入れば

安全性とかまでお客は気にしないでしょう!」

と、

開き直っていたそうな・・・

 

それとは別話でヨーロッパより返品されたマスクも大量に中国国内に在庫されてしまっため、

それを台湾に輸出し、

台湾での製造品と偽って日本に輸出がこれも同時期に起きたそうです・・・

では今3層不織布マスク3,000~4,000円くらいで都内で売られているものはまともな商品なのか?

ですが、ここが結構なそうです。

現在の中国からの日本マスク工業会登録商社の正規ルートでのマスクは、

中国政府の安全基準認定をもらった検印が押されているか若しくは検査証が同封されているそうですが、

どうやら相当数量の日本輸入マスクは、

中国マスクメーカー・中国商社・中国一部役人・日本商社らが、

同意・談合して検印を偽造してるものが、

既に日本で見つかり始めているそうです・・・

 

既に消費者センターに苦情が寄せられ始め、

消費者庁・経済産業省も動き始め

明らかに悪質・粗悪品であれば強制回収もありうるとか?

 

こうなると、エンドユーザーには購入されたマスクは正規の品質の物なのか?

品質に問題があるブラックマーケットバッタモノなのか?

は判断できません・・・

 

確かにTVでは、

販売しているお店の経営者も、

どのような経過を経てお店に至ったものなのかは全く把握していませんでしたし、

取材に応じた輸入された商社社長も、

「今まで中国からのマスクの輸入もマスクを扱うのもは初めてで、

人づてに中国のブローカーや商社メーカーを紹介してもらっただけで、

プロではないので詳しいことは判らない・・・」

と、

かなり曖昧な回答に終わりました・・・

を言っているのか?

本当に良品と信用して輸入しているのか?

は、

判りません

 

 

弊社が販売させて頂いているマスクは、

前出の弊社取引先の光触媒メーカーが2月の失敗を踏まえ、

中国への光触媒輸出を依頼している商社さんで、

所謂中国貿易のプロで、

当然日本マスク工業会輸入商社に登録もされていて、

中国での買い付けも中国マスク協会登録メーカーの製品のみを輸入されていますので、

前記した、

使用期限切れや製品規格を満たさない検査証・印偽造マスクではありません

最近になり、

「弊社販売マスクは他より高い・・・」

と言われることもありますが、

この様な正規流通経路を経たものは、

輸入量にも限りがありますし、

そもそもの中国での買い付け価格が高くなってしまい

格安品価格に対抗して価格を合わすや安くはできない事情があるのです・・・

 

但し、

それら非正規に近いもので安く販売されているマスクがすべて安全性に問題があるのか?

危険性があるのか?

は明言は出来ませんが、少なくともヨーロッパより返品されたマスクは、

担当国とアメリカで性能表示を担保する性能が無かったことが検査により判明しているそうです!

 

だからと言って、

買えば確実に危険と言う事も無いでしょうから、

効果が期待できないスポンジマスクや殆どマスク能力のない手作りみたいな布製マスクをするよりも、

効果はあるでしょうから、

あとはユーザー様が安全や安心を担保する基準でお考えいただければ良いと思います!

 

ですので、

弊社販売マスクは高いですから、

それでもよろしいと思える方のみ

ご購入下さい

数量は十分に確保されています。

 

PS:確実に性能が担保され、安全性品質に問題の無いものがご希望であれば、

商店街の山積み品や露天商や通販等で、

製造会社不明・製造年月日不明・輸入商社不明のようなものは、

“絶対に買わず”に、

輸入マスクであれば製造会社・製造年月日・輸入商社が判り得る物

もしくはマスク本体が日本製のもの“買われるべき”です!

大手スーパー・ドラックストア・コンビニ等で売られているものは、

これら本社に勤める友人の話では、

日本マスク工業会登録商社のみからしか購入しないそうですので、

これも安全ですね。

くどいようですが、

当然弊社のマスクも同等規格品です!

 

感染防止や花粉対策や健康維持のためマスクをしても、

結果粗悪品でそれが引き金となり感染したり体調が悪くなったりしたのでは、

“安物買いの銭失い”どころか“主客転倒”になっちゃいますから・・・

#

月別バックナンバー

今すぐ予約!お問い合わせもお気軽に お電話の方 0266-44-2791 お問い合わせフォームはこちら
特選デモカーお売りします!
光触媒と銀イオン 家中まるごと除菌セット
お客様へのお願い
お客様向け事故対応サービス
会員専用ページ
Club Crusaders Club
独立開業・新規事業展開を強力にサポートします
磨き&コーティングの秘密 マイスターの研究レポート
車好きでやる気のある「磨きスタッフ」募集!

車磨き研究所の施工エリア

施工対応エリアのマップ

長野県(長野市、松本市、上田市、飯田市、佐久市、安曇野市、伊那市、塩尻市、茅野市、諏訪市、軽井沢町など)、東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、新潟県
※その他のエリアについてもお気軽にご相談ください。

施工エリアの詳細はこちら

このページの先頭へ