page top
HOME » よくある質問 » 保険会社は、どこが良いの?

よくある質問

保険会社は、どこが良いの?

保険会社選びに関しては、皆さんお悩みの様で、この手の質問は結構頂きます!

 

が、その前に保険の内容に関して私なりの意見があります。

まず、基本的には車両保険の全損担保の加入は、

よほど低額な車輛でない限りは必須でしょう!

事故の際、

過失相殺で起こる自信の車輛修理代が現金で家計に無理なく払える方であれば、

車対車限定でもよいかもしれませんが、

いざ実際1.000万円のお車100-0の過失だったとして修理代が1.000万円必要となった場合には、自身で1.000万円を自腹で支払うことになりますから、自費負担で支払える金額の算定はこの様に最悪の状況を想定して、

支払い可能金額を考えてみましょう

この様な場合、全損担保の保険料差額の100倍近い支出となりますので、確率論もありますが、保険は保険を担保するものですので、

あまりいい選択とも思えませんが・・・

 

ので、車両保険は全損担保に加入しましょう!

 

 

これ以外に、車両保険に加入しておくべき理由があります。

  1. 相手がある事故で、相手方が任意保険に加入していなかった。
  2. 相手がある事故で、相手方が車検が切れていた。
  3. 相手がある事故で、相手方が無免許だった。
  4. 相手がある事故で、相手方の加入任意保険の賠償金額の上限を超える損害金額になってしまった。

この様な車輛は、

現在非常に多く走行していて全体の車の3割がこれにあたるのではないかと試算されている保険会社もあります・・・

という事は、事故の際1~5に該当する車が相手方だった場合に、

相手方からきちんとした賠償を受けれる可能性はほぼ確実に0

その時生きてくるのが、車両保険!!!

 

車両保険に加入していれば、この様に相手方から賠償が受けられ無い場合に、相手の支払い分を自身の車両保険が仮払いしてくれます!

その支払われた分が、回収できるかは契約者には関係ありません

 

中には、弁護士費用特約に入っているから、それで対応できるのでは?

と、仰る方もいらっしゃいますが、

裁判で判決もしくは調停成立まで早くても数か月

下手をすれば数年間かかることもあります。

その間、修理ができないか?

自身で立て替え払いをするか?

となります・・・

しかも、判決もしくは調停で損害金額の確定がされたとしても、

これは支払いを強制する効力は持ちません・・・

つまり開き直られてしまえばOUTです。

強制力を持たせるには、更に強制執行命令や差し押さえなど更なる手を打たなければいけませんが、これも仮に命令が出たとしても、支払い原資が無ければ、

“絵に描いた餅”でしかありません・・・

 

つまり、このようなパターンでの事故の場合、どの様な手法を駆使したとしても、

自身の車両保険以外に損害は補填されることは無いでしょうねー

 

 

後は、代車費用特約ですが、

御自身で車両修理中に他に所有の車両が在られる場合はいりませんが、

「今まで修理の際は、工場やディーラーで無料で代車出してくれているのでいらないだろう!」

と、言う方が多くいらつしゃいますが、これも確実性の無い話です。

工場・ディーラーともに所有する代車には台数の限りがあります、

つまりたまたま代車が無いという事も有りえます・・・

自走可能であれば、代車が空くまで待つことも可能ですが、

自走不能の場合はその日から代車が必要となってしまいます。

自損事故であれば、御自身でレンタカーを借りなければならなくなるかも?

 

最近都市部では、代車自体が有料となってきている傾向があるそうです・・・

この傾向は、徐々に地方にも浸透していくであろう、と言われています。

と言うのも、車業界全体が粗利率が著しく低下しているため、

収益性の無い管理経費の掛かる代車を多く持つことに堪えられなくなっているからです・・・

 

代車特約は、つけても数千円の上乗せ程度でしょうから、

付帯しておいたほうが良いでしょう!

 

 

もう1点が、免責金の設定金額です。

基本的には、免責0が理想です!

特に車両金額の低い車ほど、その必要があるでしょう。

 

国産車であれば、5万円の免責が上限です。

これ以上付けてしまうと、保険使用時の値上がり損金と免責金を合算して考えていくと、

保険使用のほうが損金が少ないという事例は極端に減りますから、

何のための保険なのか?

という事にも、なりかねません・・・

 

輸入車であれば500万円以上のお車であれば、

10万円の免責でも良いでしょう!

特殊車両や1.000万円を超えるようなお車であれば、

30万円の免責も場合によってはありでしょう。

これらの具体的理由に関しては、お知りになられたい方は、

弊社まで直接TELでお問い合わせください!

但し、過去弊社ご利用の無い方の御問合せはご遠慮ください・・・

 

 

此処から本題の、どこ保険会社が良いのか?

ですが、これはオールマイティに良いところは無いでしょう。

但し、単純に言えるのは、大事なお車であり、事故時にきちんとした保証・対応を一番に望まれるのであれば、ダイレクト系は避けるべきでしょう・・・

特に、外資系は最悪と思って間違いありません。

確かに保険料は相当お安いかもしれませんが、

安かろう悪かろうの典型的商品と言えます・・・

広告はあくまで広告であり、事実と=している保証はどこにもありませんよー

その中でも、一番まともと思えるのは、ソニー損保でしょう!

加入対象には、車にはあまり拘りを持たなかったり、ほとんど近距離しか乗らないとか、広告で行っているように事故リスクが低く

とりあえず直ればいいや!」

程度の方には、いい保険かもしれません?

 

 

次に、共済系ですが、

  1. JA
  2. 全労済

が、主なものとなります。

 

JAですが、損保との事故示談に関しては弱い・・・

という事は、周知の事実ですので、

JAにされるのであれば車両保険全阻害担保加入は必須条件でしょう!

但し、保険料が相当安いですから、

全損害担保の車両保険でもさほどの保険料にはならないでしょう。

又、損保の様に支払いはシビアではありませんので、

クオリティーの高い高額修理でもほとんど揉めることは無いでしょう!

ダメな部分は、

事故受付が土日・休日・夜間になると一気に受付クオリティーが下がるため、

対応が後手後手になります・・・

これはロードサービスにも言える事で、内容的な充実度は損保に較べかなり低いです。

しいて言えば、故障が懸念されるような、

クラッシックカーは止めたほうが良いでしょう・・・

逆に、高額車両であっても日常で使用するようなお車でしたら、十分かもしれません!

 

全労済も、JAとほぼ同じことが言えるでしょう。

全労済独自なのは、

代車費用特約が事故日より1か月以内とかなり短い設定です・・・

但し、損害センターの職員は、

JAと違いプロの専門職としてのスキルは高いので、

JAよりも対応レベルは良いと思われます!

 

 

損保系は?

と言うと、保険料は一番高い保険グループとなりますが、今は各社によりかなりの保険料の違いはありますが、ダイレクト系や共済連系と肩を並べられるほどの差はありません・・・

ただし、特に車両保険加入時のメリットは多くあります

たとえば、車両保険を頻繁に内容変更をしたり、特殊な車であったり、

特殊な装備などが付帯していたり、等の細かなニーズに応じることが可能です。

又、窓口販売が基本ですから、

販売担当者が事故担当者とは別にいますので、

社内的交渉や融通性も時としては有効になります!

が、その販売担当者の誠意やスキル次第ですが・・・

所謂、窓口販売の大手損保は下記のようです。

  1. 東京海上日動火災
  2. 損害保険ジャパン日本興亜損害保険
  3. 三井住友海上火災
  4. あいおいニッセイ同和損保
  5. 富士火災

このかなで、一番に外したほうが良いのが、富士火災です・・・

と言うのは、現在AIG傘下となっていますが、

AIGは支払いが悪い・キツイでのし上がってきた会社ですので。

あえて選ぶ意味での、まったくメリットが見当たりません・・・

 

次に好ましくないのが、損害保険ジャパン日本興亜と、

あいおいニッセイ同和損保です・・・

この2社は近年合併を繰り返してきており、

合併前の各社の勢力争い的な要因が根強く残っており、会社として統一的賠償・保険支払が徹底されておらず、

各損害センターやアジャスター個人での振れ幅が大きすぎるようです。

 

次は、東京海上日動火災ですが、最近までは日本最大の損害保険会社として、

かなり高飛車な対応でしたが、最近他社が合併を繰り返すことで規模が迫ってきたことの危機感なのか?

最近ではかなり腰も低くなりユーザー目線で判断するような傾向もみられます!

もともと最大大手として、システム的には徹底されていますので、此処がまるで駄目と言うような所は無いでしょう。

所謂、入っていて安心な保険会社と言えるでしょう!

 

大手損保系で、一押しなのは三井住友海上火災だと思います!

保険料は、大手損保の中で安い方とは言えないかもしれません・・・

一応MS&ADホールディングスと言う、あいおいニッセイ同和損保と同じメガグループには属していますが、現段階では独立会社として歩んでいます。

然し、もともと財閥である三井と住友との合併会社からなのか、

支払いに関しては非常に被害者もしくは加入者目線での対応をなされています!

過去に弊社であった例として、新車に近いお車を露天駐車しておいたところ、花粉黄砂の季節でそれが塗装に食い込み、塗装を溶かすようなレベルの染みが出来てしまいました・・・

其れに対して、車両保険ですべての損害を担保し修理が認められました

これに関して、他社アジャスターに、

「この様な事例で、支払いをすることは可能ですか?」

と、問い合わせたところ、全社とも、

「それでは支払いはできません・・・」

との、回答でした。

 

 

これらを、ご参考に御自身が求める保険内容と照らし合わせ、

御検討ください!

#

よくある質問

マイスターの研究レポート[磨きコーティングその他サービス

今すぐ予約!お問い合わせもお気軽に お電話の方 0266-44-2791 お問い合わせフォームはこちら
特選デモカーお売りします!
お客様へのお願い
お客様向け事故対応サービス
会員専用ページ
Club Crusaders Club
独立開業・新規事業展開を強力にサポートします
磨き&コーティングの秘密 マイスターの研究レポート
車好きでやる気のある「磨きスタッフ」募集!

車磨き研究所の施工エリア

施工対応エリアのマップ

長野県(長野市、松本市、上田市、飯田市、佐久市、安曇野市、伊那市、塩尻市、茅野市、諏訪市、軽井沢町など)、東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、新潟県
※その他のエリアについてもお気軽にご相談ください。

施工エリアの詳細はこちら

このページの先頭へ